トピックス

HOME > トピックス > 複数税率に対応したレジ導入を支援する補助金の事業完了期限延長等について

複数税率に対応したレジ導入を支援する補助金の事業完了期限延長等について

2017年11月27日

  現在、消費税率10%への引上げ及び軽減税率制度(複数税率)の導入時期は平成31年10月とされています。

 この軽減税率導入への対応を円滑に行なっていくために、国では中小企業・小規模事業者の方々が、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などを行うにあたって、その経費の一部を補助する制度(軽減税率対策補助金)があります。

 まずは、現在使用しているレジが複数税率に対応しているか、メーカーや販売店に確認ください。補助金申請にあたっては、メーカーや販売店による代理申請も可能です。

 ◎補助金の申請受付期限は平成30年1月31日から事業完了期限に併せて設定することとなっており、具体的な時期については、後日公表

 ◎事業完了期限は平成30年1月31までから平成31年9月30日までに事業完了に変更

 レジの導入等を検討されている事業者は早めに販売店にご相談ください。

※補助金の対象となるレジや申請方法についての詳細は補助金事務局ホームページ(http://kzt-hojo.jp/)にてご確認ください。

月別一覧

メニュー

  • かかみがはらプレミアム商品券
  • facebook
  • 商圏分析レポートサービス
  • グルメ探訪
  • 各務原商工会議所青年部
  • むらさき芋の販売
  • かかみがはらものづくりナビ
  • 環太平洋パートナーシップTPP協定交渉

 
ページトップへ  
リンク
 
Copyright © 2009 各務原商工会議所 All Rights Reserved.